serendipity - live my life

serendip1.exblog.jp ブログトップ

今学期はライティングのクラスです

今学期は「Academic English for Global Professions」という授業を履修しています。大学院レベルのライティングや研究論文の書き方を学ぶことが目的。書くことにはある程度慣れているつもりでいたけれど、改めて学ぶといろんな気づきがあって興味深いです。例えば、論文を書くときには、オーディエンス(読む人)は誰か、そして何を目的にして書くか、ということを考えなくてはならないとのこと。基本中の基本だけれど、それをしっかりと意識していない自分に気づかされます。今日の授業では、様々なタイプの文章を見比べて、それぞれのオーディエンスと目的は何かを、クラスメイトとディスカッションしました。契約書、レシピ、恋文、大統領のスピーチのトランスクリプト。それぞれ異なるレトリック、ボイス(ライティングスタイル)があります。私たちも何かを書くときに、そのオーディエンスと目的に適した言語を使わなくてはならないのです。

授業自体も面白いけれど、毎週の課題もやりがいがあります。毎回リーディングとペーパーの課題があって、今回のペーパーのテーマは「自分はどんな人間か」。これをナラティブ(物語風)の形で仕上げます。いろいろ書きたいことはあったけれど、ページ制限もあるので、今回はフォーカスを「大きいものより小さいもの」「外向きより内向き」な自分にしぼってみました。私の文章はどうしても抽象的になりがちなのですが、今日私のペーパーを読んでくれたクラスメイトは、そこがいいと評価してくれました。でも課題の意味って、完成度の高いペーパーを提出することではなくて、実際に書くことで何かを学ぶことにあると思うのです。自分のペーパーを読み返してみると、書いているときには気づかない小さな間違いや、表現の選択ミスを見つけることができます。また人のペーパーを読むと、こういう書き方、考え方があるのかと気づいたり、自分もこういう風に書くことができたなと思ったり。次はこうしてみようと、ああしてみようと、たくさんのアイディアが浮かんできます。

でも正直なところ、学業と仕事とビジネスと家事育児の両立は、本当に大変。課題もそうだけど、最近は仕事も忙しくて、まとまった量の翻訳依頼がくると、ただただストレスがたまる一方。どうしてもカノンが寝たあとでないとボリュームのある仕事や課題はできないので、徹夜することもしばしば。昨日も課題を仕上げるため、朝4時近くまで頑張りました!そろそろ本気で、ストレスの元を断つか、それとも人に助けを求めるか、決断しなくてはならない時期になったのかもしれません。

いずれにしても、大学院での学びは私にとって大事なもの。あと1年たくさん勉強して、何かを残せればいいな。
[PR]
by serendip_love | 2011-09-29 23:54 | 国際教養大学専門職大学院
line

秋田から福井に引っ越しました。気持ち新たに、妻・母・女性、そしてビジネス翻訳家として「私らしく」成長していきたいな。


by serendip_love
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31