serendipity - live my life

serendip1.exblog.jp ブログトップ

留学の準備〜お金のこと

当初の予定では、20万円ほどの現金を持って行って、こちらで口座を作ってから、残りを送金してもらおうと思っていました。こちらに来て、SWEDBANKで口座を作ることにしたのですが、ものすごーく時間がかかりました。私に知識がなかったからというのもあるのだけれど。

まずはSWEDBANKで仮の口座を作ってもらい、その口座番号で日本から送金し、その入金が確認出来たら本口座を作るという流れ。しかし、最初に担当してくれた銀行員が、日本でIBAN(国際送金の際に使われる24桁の番号)を使っていることを知らなかったのです。私はもらった口座番号で送金出来ると思い、母に郵便局から送金の手続きをしてもらいました。最初は不安だったのでまずは20万円だけ。一週間ほどで届くと聞いていたので、一週間後にまた銀行に訪れると、まだ入金になっていないとのこと。さらにもう2回ほど通いましたが、やっぱり入金になっていなかったので、日本の郵便局に問い合わせてもらいました。どうやら、仲介銀行で行き先が分からず情報が止まっていたようです。そこで初めてIBANが必要だったことが分かり、再びSWEDBANKに訪れ番号を取得。さらに一週間ほど待ってやっと入金になりました。そしてキャッシュカードを作るのにもさらに一週間ほど待ち、結局全部終わるのに一ヶ月半くらいかかりました・・・

時間だけではなく、お金もかかりましたよー。20万円の送金で、郵便局と仲介銀行への手数料が合わせて4000円くらい、SWEDBANKにもこの他にいくらか払いました。また郵便局に問い合わせたときも、その調査に手数料として2000円くらい。こんなに大変な思いをしたのだから、こっちがもらいたいくらいだ!

そんなわけで、それ以来送金はやめ、すべてクレジットカードでやりくりすることにしました。お金は、クレジットカードの引き落としとなる日本の口座に入金し、明細はインターネットで確認。スウェーデンはクレジットカードがとても普及しているので、現金をたくさん持たなくても生活出来るのです。コンビニでジュース一つ買うだけでも、普通に使えるほど!小さなお店でも、だいたいクレジットカードを取り扱っていますし。たまに額が小さかったり外国のカードだと、手数料(5クローナくらい)がかかる場合もありますけど、送金の手数料を考えればこちらの方がいいかな、と私個人的には思います。

クレジットカードだと、買い物の場合手数料はかからないし、換算レートも一番いいです。私は、普段持ち歩く現金1万円くらいと、家賃を払う時だけキャッシングを利用しています。私のカードだと、年利を計算すると、15万円くらまでならキャッシングの方が送金よりお得のようです。

この方法をと考えていらっしゃる方は、日本の銀行口座でインターネットバンキングを申し込まれるといいかもしれません。若干の手数料が毎月発生すると思いますが、残高をすぐにチェックすることができるので、安心だと思います。私はインターネットバンキングをやっていないので、時々上野さんに残高照会をしてもらっていますが、手間をかけて申し訳ないなといつも思います。

お金は大事なことなので、その人に合った方法でやった方が、一番だと思います。例え手数料がたくさんかかっても、現金で生活したい方もいるでしょうし、まめに口座をチェックする時間のない方もいらっしゃるでしょう。あくまでも、村上の経験だけをもとに書きましたので、参考程度にして下さいね。

追伸:こちらの銀行のキャッシュカードはとっても便利です。四半期に一度手数料が引き落とされますが、ATMは手数料なし、他社でもOK、EU諸国内どこからでも引出し可能、その場合も手数料なし、さらに24時間稼働、買い物の際もキャッシュカードで払えるところもあります。少しは銀行のいい所も話しておかなきゃね♪
[PR]
by serendip_love | 2007-07-24 09:45 | 留学のこと
line

秋田から福井に引っ越しました。気持ち新たに、妻・母・女性、そしてビジネス翻訳家として「私らしく」成長していきたいな。


by serendip_love
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31