serendipity - live my life

serendip1.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:留学のこと( 15 )

留学の準備〜その他

長々と書いてきましたが、自分の興味あるところだけ参考にして下さい。やっぱり、こちらにきてから「右も左も分からない」を経験するのも、留学の醍醐味だと思いますので。あともう少しだけ補足しますね。



―冬物の荷物

着いてすぐ使わないものや冬物は、船便で十分だと思います。洋服などはかさばるけれど、そんなに重くないですしね。ただ、スウェーデンの冬はかなり早く始まります。10月になるともうかなり冷えてきて、11月はもう冬だそうです(雪はまだのようですが、逆に雪がない分外は暗く、一年で一番寂しい時期だとか)なので、なるべく早めに送った方がいいと思います。



―郵便局

こちらの郵便局は、スーパーやコンビニなどでも委託サービスがあり、地下鉄駅には何かしら郵便サービスがあります。荷物が届く場合、必ず宅配先の最寄りのデポに保管されるので、駅から近い人はラッキー!また、アマゾンで注文したもので、日本だと郵便受けにいれてくれるようなものでも、郵便局へ取りに行くことになります。



―国際電話

やっぱりSKYPEが便利です。家族と時間を決めておけば、いつでも無料で会話出来るので、とっても助かっています。私たちは持っていませんが、SKYPE用のモニタービデオ(っていうのかな?顔見ながら喋れるやつ)は、こちらで買うより日本の方がお安いと思いますので、荷物と予算に余裕があれば買っておいてもいいかもしれません。
[PR]
by serendip_love | 2007-07-24 20:20 | 留学のこと

留学の準備〜交通編

ストックホルムでの移動なら、SLの30日トラベルカードが一番お得です。620クローナで30日間、地下鉄、市バス、郊外電車、一部のフェリー(ガムラ・スタン―ユールゴーデン)が乗り放題です。他にも7日、3日、24時間券とあります。残念ながら定期がないので、移動距離が少ない人にとっては、ちょっと損した気分になりますが。

あまり交通機関を利用しないということであれば、16ユニットの回数券(160クローナ)があります。しかし、地下鉄を一度利用するだけでも2ユニット使うので(一時間有効)この回数券だと8回(つまり4往復)しか使えません。利用頻度が少なくても、その回数によっては30日券の方がお得になることもあると思います。最初は30日カードを利用して、どれくらいの回数になるか一ヶ月様子を見るのもいいかもしれませんね。

またフルタイムの学生用に、シーズンカードもあります。例えば9月〜12月の間利用可能で1600クローナ。1回に支払う金額は大きいですが、かなりお得なので、こちらも検討してみる価値ありです。いずれどのくらい交通機関を利用するかによるのですが、トラベルカードを持っていることで「出かけなきゃ」という気分にさせてくれるので、あちこちに出かけるいい理由になるかも。いろんな意味で、得したいですものね。

ちなみに、SL社が扱っているチケットの内容はこちら
Fares and Tickets

駅名や住所が分かっている時に、ルートと時刻を検索できるページはこちら
(これ、すっごく便利です!!!)
Journey Planner
[PR]
by serendip_love | 2007-07-24 19:16 | 留学のこと

留学の準備〜アパート事情

留学生の場合、学生寮に入居するのがいちばん早いです。ストックホルム大学の学生寮は全部で三つ。うち一つはよくわかりませんが、一番大学から近いのがラピス、歩いて通える範囲です。ここはいわゆる「コリドー(廊下の意)」で、各部屋は1人部屋ですが、同じ階の人とキッチンやランドリーを共有します。私の友だちは最初、キッチン共有ということが好きではなかったようですが、結局部屋の外に出る機会が増えて友だちがたくさんできたと言ってました。同じコリドーの留学生たちの出身はさまざま、パーティーのたびにいろんな国の料理を食べられるし、自分も日本の料理を振る舞ったりと、楽しんでいるようでした。

もう一つが、村上が以前入居していたソルナ。ここはちょっとユニークな部屋です。各部屋はビーチ沿いの小さな小屋のようになっていて、そのキャビンが密集した集合住宅地にあります。見かけはお世辞にもきれいといえませんが、中身はわりとしっかりしています。家具や食器、調理道具、掃除用品なんでも揃っているので、大きな買い物の必要性もないです。ただ、その作りが細長いので、住むスペースはとっても狭いです。バスは超せまいし、お湯は貯蓄型なので、シャワー中に水になることも!食器を洗うのはシャワーの後のほうがいいです。ランドリーは共有で、こちらもあまりきれいではないし、洗濯機や乾燥機もあまりいいものではありませんでした。しかも、郵便はこのランドリーキャビンに一括して届けられるので、すべての郵便物に目を通さないといけないし、ゆえにプライバシーもないも同然。そんな訳で、村上は引越しを決意しました。引越しの一番の理由であったインターネットの悪環境は、今では改善されワイヤレスではなく固定になったそうです。ちなみに、ソルナは大学から一番離れていて、地下鉄を乗り継ぎ通学に45分かかります。自転車があると、直線でいけるので15分くらいだそうです。

今のお部屋に引越す時、大家さんを何度も訪ねたり電話をしたりして、知りたいことを徹底的に確認しました。幸い私を「学生」ではなく「客」として扱ってくれる人だったので、こちらもいろいろと頼みやすかったです。今のアパートは部屋によって造りがかなり違うので、入居前にいろんな部屋を見せてもらいました。契約はすべて郵便で行いました。書類が全部スウェーデン語だったので、スウェーデン人の友だちに手伝ってもらったり、自分で辞書を引きながらなんとかしました。部屋は主な家具付きで、水道、電気代込み、共有のランドリーも無料、インターネットは若干の使用料を払っています。以前の場所よりかなりお高いですが、部屋はきれいで十分広いし、自然に囲まれた静かな場所で、大変気に入っています。

住宅の火災保険は、義務ではなく任意のようです。今のアパートを契約するとき書類が同封されていましたが、料金は一年で600クローナだったと思います。大家さんに聞いてみると、だいたいの住人は加入しているとのことでした。ちなみに、私は加入していません。

ストックホルムの引越し事情ですが、やはり中心部だとかなり厳しいようです。市に申請を出して、お目当てのフラットを手に入れるのに数年待つことは当然。私の知り合いは、エステルマルム地区への引越しが最近決まったのですが、なんと9年待ったそうです!しかも、ガムラ・スタンは20年待ちだそうです!!!それほど、ストックホルムの住宅事情はよくないのです。留学生で住む場所が見つからず、ユースホステルで半年過ごしたという人もいるので、住む場所があるだけでもありがたいのかもしれませんね。
[PR]
by serendip_love | 2007-07-24 18:45 | 留学のこと

留学の準備〜お金のこと

当初の予定では、20万円ほどの現金を持って行って、こちらで口座を作ってから、残りを送金してもらおうと思っていました。こちらに来て、SWEDBANKで口座を作ることにしたのですが、ものすごーく時間がかかりました。私に知識がなかったからというのもあるのだけれど。

まずはSWEDBANKで仮の口座を作ってもらい、その口座番号で日本から送金し、その入金が確認出来たら本口座を作るという流れ。しかし、最初に担当してくれた銀行員が、日本でIBAN(国際送金の際に使われる24桁の番号)を使っていることを知らなかったのです。私はもらった口座番号で送金出来ると思い、母に郵便局から送金の手続きをしてもらいました。最初は不安だったのでまずは20万円だけ。一週間ほどで届くと聞いていたので、一週間後にまた銀行に訪れると、まだ入金になっていないとのこと。さらにもう2回ほど通いましたが、やっぱり入金になっていなかったので、日本の郵便局に問い合わせてもらいました。どうやら、仲介銀行で行き先が分からず情報が止まっていたようです。そこで初めてIBANが必要だったことが分かり、再びSWEDBANKに訪れ番号を取得。さらに一週間ほど待ってやっと入金になりました。そしてキャッシュカードを作るのにもさらに一週間ほど待ち、結局全部終わるのに一ヶ月半くらいかかりました・・・

時間だけではなく、お金もかかりましたよー。20万円の送金で、郵便局と仲介銀行への手数料が合わせて4000円くらい、SWEDBANKにもこの他にいくらか払いました。また郵便局に問い合わせたときも、その調査に手数料として2000円くらい。こんなに大変な思いをしたのだから、こっちがもらいたいくらいだ!

そんなわけで、それ以来送金はやめ、すべてクレジットカードでやりくりすることにしました。お金は、クレジットカードの引き落としとなる日本の口座に入金し、明細はインターネットで確認。スウェーデンはクレジットカードがとても普及しているので、現金をたくさん持たなくても生活出来るのです。コンビニでジュース一つ買うだけでも、普通に使えるほど!小さなお店でも、だいたいクレジットカードを取り扱っていますし。たまに額が小さかったり外国のカードだと、手数料(5クローナくらい)がかかる場合もありますけど、送金の手数料を考えればこちらの方がいいかな、と私個人的には思います。

クレジットカードだと、買い物の場合手数料はかからないし、換算レートも一番いいです。私は、普段持ち歩く現金1万円くらいと、家賃を払う時だけキャッシングを利用しています。私のカードだと、年利を計算すると、15万円くらまでならキャッシングの方が送金よりお得のようです。

この方法をと考えていらっしゃる方は、日本の銀行口座でインターネットバンキングを申し込まれるといいかもしれません。若干の手数料が毎月発生すると思いますが、残高をすぐにチェックすることができるので、安心だと思います。私はインターネットバンキングをやっていないので、時々上野さんに残高照会をしてもらっていますが、手間をかけて申し訳ないなといつも思います。

お金は大事なことなので、その人に合った方法でやった方が、一番だと思います。例え手数料がたくさんかかっても、現金で生活したい方もいるでしょうし、まめに口座をチェックする時間のない方もいらっしゃるでしょう。あくまでも、村上の経験だけをもとに書きましたので、参考程度にして下さいね。

追伸:こちらの銀行のキャッシュカードはとっても便利です。四半期に一度手数料が引き落とされますが、ATMは手数料なし、他社でもOK、EU諸国内どこからでも引出し可能、その場合も手数料なし、さらに24時間稼働、買い物の際もキャッシュカードで払えるところもあります。少しは銀行のいい所も話しておかなきゃね♪
[PR]
by serendip_love | 2007-07-24 09:45 | 留学のこと

留学の準備〜携帯電話編

携帯電話は、ストックホルムの小さな電気屋さんで一番安いものを購入しました。それでも400クローナはしたと思います。最新のものはとーっても高いです。ノキアやソニーエリクソンのものは見た目もカッコいいし、機能も日本の携帯電話と似ているようですが、値段が・・・だいたい5万円前後でしょうか、とても手が出ません!私の携帯電話は、メールはSMSだけ、ネットなし、メッセージ受信箱の容量20通!しかも自動的に古いメッセージを消去してくれないから、いちいち自分で削除しなくてはいけない!さらに着信音は超ベーシック(笑)それでも、普通の電話もできるし、日本へも電話できるし、日本の携帯にSMSを送ることも出来るし、目覚まし付いてるし(大笑)十分十分!

スウェーデンの携帯電話は、コンビニなどでテレフォンカードを購入し、自分の携帯電話に通話料金を前もってチャージしておくというやり方です。プリペイドカードと似ているけど、一度チャージすればあとはその金額分の間は、普通の電話として使えます。なので、もしかしたら日本の携帯電話でも使えるのかも。一度携帯ショップに問い合わせてみる価値ありです!

テレフォンカードは、国際電話もかけるのであれば「アミーゴカード」というものがおすすめです。日本の一般電話への通話は1分1クローナで、アジア各国専用のプリペイドカードよりお得です。もちろん、国内電話への通話もできます。一度アミーゴカードではない普通のテレフォンカードを間違って買ってしまったときは、200クローナで国際電話13分しか持ちませんでした。これはショックでした。

ショックと言えば・・・なるべくなら、緊急の時以外公衆電話で国際電話はしない方がいいです。これは本当に高い!クレジットカードの支払いで、ユーロやポンドで請求されますが、10分で1万円くらいします!こんな請求書見たらへこみますよ、ホント。それでも、どうしても必要なときもあるので、こればっかりはしょうがないのかな。
[PR]
by serendip_love | 2007-07-24 08:35 | 留学のこと

留学の準備〜お買い物編

スウェーデンで手に入らないもの・・・今までそれほど気になったことがないので、そんなにないのかなと思います。こちらのお買い物事情について、質問をもらったもの、気が付いたことをまとめてみました。



―女性用のもの

ストックホルムで化粧品に困ることはないと思います。こちらにはいろんな肌の色・髪の色の人がいるので、種類も豊富だし、またオーガニックにこだわっているお店もあります。眉毛ペンシル、ファンデーションなども、日本人にあったものを探すことができます。

生理用品は日本のものと非常に似ているなと感じます。羽根つき、羽なし、夜用、軽い日用、パンティーライナー、タンポン。また極端に大きいということもなさそうです。私はまだこちらで買ったことがないので質などは分かりかねますが、吸収性バツグン!みたいな文句をよく見かけます。

ヘアアクセサリーは、日本よりも充実している感じがします。専門店もよく見かけます。ヘアバンド、ヘアピン、ヘアゴムも、黒や茶、紺などのダークカラーからキレイ色、きらきら、なんでもありです(笑)

ストッキングはどうでしょう。私はこちらで買ったことがないので分かりませんが、サイズがどうなんだろう、と疑問です。こちらの方たちは脚が長いのでね・・・足先があまったらちょっと悲しい・・・あと、光沢のあるストッキングが多いように見受けます。マットなタイプもありますが、種類は少ないような。でも、専門店などに行けばあるかもしれません。



―文房具など

シャーペンの芯は、0.5mmはもちろん、他にも種類がたくさんです。本屋さんの文房具コーナーだとお求めやすいと思います。

手帳をはじめ、ノート類には間違いなく、間違いなく(ここ強調!)不自由しません。文房具好きの村上にとっては、目移りして困ってしまうほどです。といっても、素敵なものはお値段も結構しますので、いつも手に取っては棚に戻しているのですけれど。それでも、来年の手帳はこちらで買っていこうと思っています。スウェーデン語だし、スウェーデンの祝日しか載っていませんが、なんともいえない魅力があるのですよ。デザインだけではなく、機能面でも。

スウェーデン語の辞書はあると便利です。会話は英語が通じても、表示に英語はほとんどありません。私がスウェーデン語の辞書が必要だと思ったのが、ランドリーの使い方がさっぱりわからなかった時!あと、食品の表示など。慣れるまではいつも買うものでも「あれ、これなんだっけ」と思いますので。日瑞ー瑞日辞書がいいということであれば、日本で買った方がいいです。英瑞ー瑞英でよければ(私個人的にはこちらの方が使いやすいと思います)現地で調達した方がいいと思います。とっても高いというわけでもないです。私は大きな辞書と、持ち運びようにポケット辞書も買いました。

書き込み用のCD-ROM、DVD、電池などは、少し大きなスーパーに行けば問題なしです。まとめて買うとお買い得になるのは、日本と同じですね。



―スポーツ用品など

スウェーデンの人たちはスポーツが大好きみたいです。ジョギングやマウンテンバイク、スキーのストックのようなものを使ったウォーキングなど、老若男女毎日見かけます。また、ヨガやピラティスも大ブームで、ヨガマットはスポーツ用品店やディスカウントショップで手に入ります。

自転車は、スポーツ用品店で購入すると非常に高いです。マウンテンバイクは普通のもので10万円はします。ママチャリも5万円くらいでしょうか。でもあると便利でしょうね。私も中古のものを探していますが、どうしたらいいものやら。ストックホルムなら、セカンドハンドのお店をあたってみるとか、留学生支援室の人が相談にのってくれるかもしれません。帰国する他の留学生から買えればいいのですが。
[PR]
by serendip_love | 2007-07-24 08:27 | 留学のこと

留学の準備〜スウェーデン編

新年度の始まり、日本は4月ですが、欧米諸国は9月が圧倒的に多いですね。そんなわけで、この秋学期から留学する人も多いことと思います。この夏はいろいろと準備に追われ忙しい日々を送りながらも、不安に思うことも多いと思います。そこで、1月にスウェーデンにやって来た経験から、参考になりそうなことをまとめてみたいと思います。偶然このページを見て下さった方でも、少しでもお役に立ちたいと思っていますので、質問などありましたら遠慮なくコメントして下さい。メール(アドレスは右側の写真の下にあります)でも大歓迎ですよ!



―持って行った荷物

10日間の旅行をイメージして、スーツケースとPCバッグ、通学に使えるリュックにまとめました。すぐに授業があるということで、文房具などもかなり詰めましたが、あまり使いませんでした。とりあえずノート一冊と筆記用具があれば大丈夫。でも、はさみやカッターは大活躍でした(機内バッグには入れないでね!取られちゃいます)あと、こちらに到着してからの手続きなどで待ち時間が発生することが多いので、文庫本を何冊か入れておくと、寂しさを紛らわすのにいいかも。

洋服はとりあえず一週間分くらいかな。こちらのランドリーには乾燥機がついているから、まめに洗濯すればそんなに数は必要ないです。あとスウェーデンは寒い日が多いので、すぐに着たり脱いだり出来るカーディガンがあればいいですね。それでも、下着や靴下などは十分持ってきた方がいいかも。こちらの生活に慣れるまでは、ショッピングを楽しむ余裕もないかもしれないので。靴は、履き慣れた靴とサンダル、ランニングシューズがあればいいかな。こちらの靴はどうもしっくりこなくて、今まで三戦三敗(デザインは気に入っても、履いているうちに痛くなる)でした。

引越し当初は近所のことすらよくわからないと思うので、旅行に行くような感じで、いろんなものを少しずつ持っていった方がいいと思います。例えばシャンプー、タオル、ティッシュなど。ちなみに、割り箸などを持っていきましたが、あまり使いませんでした。近所のお店を何軒かまわってから、納得のいくものを買うのが理想ですが、なかなかそうもいきませんからね。最初は少し損をすることも覚悟しておいたほうがいいかもしれません。

あと、薄手のシーツとピローケースも、日本で買って持っていきました。これは即使えて助かりました。ドライヤーは海外旅行用のものがあったので、これもすぐに使えてよかったです。



―送った荷物

スウェーデンに引越しされる方は要注意!郵便局の船便やSAL便(スウェーデンまで2週間ほどかかる航空便)で荷物を送るときは、なるべく小さくそして軽くして下さい!こちらでは、PRIORITYではない荷物は宅配されないので、近所の郵便局まで取りに行かなくてはいけないのです。私が最初に船便で送ってもらった荷物は、1ヶ月半かかった上に、大きな段ボール15kgを自分で引き取らなくてはならず、非常に大変な思いをしました(笑)10kgの段ボールで送ってもらったときは、少し重かったけど普通に家まで持って帰れたので、目安にして下さい。郵便局のEMS便(最速の航空便、高い)は宅配してくれますが、一度不在だと結局取りにいくことになるので、どうしても宅配してもらいたいということであれば、運送会社のサービスを利用した方がいいと思います。DHLという運送会社と提携しているところだと、なおいいと思います。急がないのであれば、こちらでの電話番号がわかってから家族に送ってもらった方が、照会もできるので安心ですね。

最初に送った荷物は、洋服10着ほどと教科書、本が3冊くらい、生理用品、あとブランケット。でも一ヶ月半もかかったので、洋服は時期がそろそろ終わるものが届いた感じです。予算に余裕のある方は、秋や冬に着るものはこちらで揃えた方がいいかも。日本のファッションとはやっぱり違うので、気になる人はこちらのスタイルに合わせることも出来ますし。私はほとんど日本からのものでつないでますが・・・あ、でもブーツは送った方がいいかもです!

日本の本は、こちらでも手に入りますが、値段は倍以上します。お気に入りの本は無性に読みたくなるので、ebookで手に入らないものであれば、少し重くても持ってきた方が、もしくは送った方がいいと思います。Amazonでも注文出来ますが、送料が3000円以上、さらに一冊につき手数料もかかります。私の部屋にはテレビがないので、音楽と本はとっても大事です。PCやiPodなどにお気に入りのCDをインポートしておくといいですよ。

日本食は、日本の値段と比べると非常に高いですが、手に入るのであまり心配する必要はありません。さすがに「地元の○○がなきゃだめ!」とか、「醤油は○○のものしか使わない!」というこだわりがあるのであれば、なんとかして持ってきて下さい。ちなみに、ストックホルムに日本のものを扱ったお店は3軒あります。

そうそう、余談ですが、スウェーデンは意外かもしれませんが魚介が豊富ではありません。しかもスーパーで売っているものは、どう見ても新鮮じゃない(日本と比べると)!そんなわけで、日本にいる間にたくさんシーフードを食べておいて下さい♪

アメリカに留学した人の話でよく聞くのが、生理用ナプキンが大きすぎるということ。それを心配してたくさん送りましたが、見た感じスウェーデンは大丈夫そうです。タンポン派の方もご心配なく。

こちらに来て2ヶ月ほどしてから2回目の荷物を送ってもらいました。夏服(出発が冬だったので)が中心ですが、さすがに30着は必要なかったかな、と思います。いずれ、こちらを発つ時にいくらか処分することになると思います。



―着いてからの生活

幸い、前の部屋も今のアパートも家具付きだったので、大きな買い物をする必要がありませんでした。前の場所は、学生寮ということもあって、調理道具や食器、掃除用具、テレビまでありました!そんなわけで、今の場所に引越す時に、テレビ以外のものを揃える必要があって、郊外にあるIKEAに2回通いました(1回だと運べないので)さすがに安いですね。もちろんデザインの素敵なものはそれなりの値段ですが、選ばなければほとんどの小物は30クローナ以下で買えます♪調理道具もバンドルになっていて(例えば、フライパンの大小がセットになっている)お手頃価格でした。しかも、食器は全部5クローナでゲットしました!それでも、全部合わせるとかなりの数になって、結局1000クローナ以上かかりましたが・・・そうそう、IKEAでお買い物の際は、スクリュードライバーも購入して下さい。お鍋や家具などは、自分で組み立てるものがほとんどなので。安い理由、ここにあり。

IKEAのような大型店では、配達のサービスもありますので、大きな家具が必要な場合でも大丈夫だと思います。電気屋さんは、NK向かいのギャレリアン2階に大きなお店がありました。セカンドハンドのお店が郊外にあるようなので、急がないようであれば一度そちらにあたってから買うのもいいかもです。

だいたいの日用品は、大きなスーパーやハイパーマーケットがあちこちにあるので、そこでだいたい揃うでしょう。ストックホルムだと、Solna CやMörby Cなどに大きなショッピングモールがあるので、いろいろなものを買いたい時にいいと思います。ただ、スーパーなどではショッピングバッグを買わなくてはいけないので、マイバッグがあるとお財布にも環境にも嬉しいですね。

ストックホルムでの生活なら、SLの30日トラベルカード(620クローナ)を買うことをおすすめします。この一枚でバス、地下鉄、郊外電車、一部のフェリーで使え、30日間乗り放題!コンビニなどでも取り扱っている上、当日ではなく利用し始めたい日を指定出来るので便利です。



今思いつくことは、だいたいこんな感じでしょうか。また気が付いたことがあれば、記事にしますね。なんか、むやみに長くなってしまった気もしますが・・・足りないことがあれば、どんどん教えて下さい!
[PR]
by serendip_love | 2007-07-23 05:29 | 留学のこと

行ってきます!

コメントの返事が遅くなっていて、本当に心苦しい限りです。
ここ一週間は本当に忙しく、最後の最後までバタバタでした。
今、成田空港のスタバにいます。ネットカフェが中にあって便利♪
これから北京に向かい、2日間滞在する予定です。
ついに始まったこの旅。後悔のないように頑張ってきます。
それでは行ってきます!スウェーデンに着いたら報告します。
[PR]
by serendip_love | 2007-01-12 07:35 | 留学のこと

無事通過

昨日在日スウェーデン大使館から電話があり、私の申請書が無事に移民局の審査を通過したとのこと。あとはパスポートを送ると、ビザを貼って送り返してくれるそうなので、早速手配しました。思っていたよりもかなり早かったので、ちょっぴり拍子抜けしてしまいました。でも、これで一安心。旅行保険も申し込んだし、航空券を手配すればあとは行くだけ!なんだか信じられない。今はまだ期末に向けて学業のほうが忙しいけど、来週になって全部終わればあとは本格的な準備に入らないといけない。その前に一つ大事な手続きもあるし、上野さんとの旅行もあるし。楽しみ〜♪

とにかく今は勉強!ひとまず報告でした☆
[PR]
by serendip_love | 2006-12-16 17:37 | 留学のこと

間に合うのかしら・・・

スウェーデンの滞在許可証(ビザ)を申請して、先週戻ってきたパスポートに「ONGOING Application to Sweden」というハンコが押されていました。無事に審査に入ったことを知ってホッとしたけど、ビザが届くまで一ヶ月ほどかかるのだそう。出発までに間に合うのかしら・・・もっと早くに申請していればよかったのだけれど、申請するにあたりいろいろと手続きが必要で、書類が全部揃うまでに時間がかかってしまいました。特に大変だったのが財産証明。物価の高いスウェーデンでは、滞在中にかかる費用を賄えるだけの金額が口座にあることを証明しなくてはいけないのです。何とか必要最低限の金額をかき集めて、銀行に残高証明書の発行をお願いしたら、スウェーデンクローナで記入する場合フォーマットがないから少し時間がかかると言われ・・・この時期は本当に気が気でなかったです。今は無事にビザが届くことを祈るばかり。これから留学する皆さん、ビザの申請はお早めに!
[PR]
by serendip_love | 2006-12-11 17:00 | 留学のこと
line

秋田から福井に引っ越しました。気持ち新たに、妻・母・女性、そしてビジネス翻訳家として「私らしく」成長していきたいな。


by serendip_love
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31