serendipity - live my life

serendip1.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:翻訳・通訳( 15 )

戸田奈津子さんのお話聞いてきた!

c0092751_21444356.jpg

福井工業大学主催の、戸田奈津子さん講演会に行ってきました!

白いコットンシャツに白いパンツ、白いヒール付きスニーカーと、着飾ってないのにおしゃれで、清潔感ある軽装で登壇した戸田さん。憧れの人を目の前にして、胸が熱くなります。

自己紹介もそこそこに、映画界の変遷について語り出すと、二人の巨匠の名前を挙げました。

一人はジョージ・ルーカス。彼の代表作「スターウォーズ」のシナリオは、彼が10代のときには出来上がっていたのだそう。彼の頭の中にあるファンタジーを、他の人にも見せてあげたい、その思いがモチベーションとなって、CG技術が飛躍的に向上されたんだって。

もう一人はジム・キャメロン。「タイタニック」の世界的大ヒットで、文字通り巨富を得た彼は、それを資金にして3Dカメラの開発に携わります。そして、ルーカス同様、青年時代から構想を温めていた「アバター」を撮影します。

二人とも、アイディアを形にしたいという強い願望があったから、人を感動させる技術を具現化することができたというお話。

戸田さん自身も、子どものころから映画好きだったから、字幕翻訳家になることを目指して20年の下積みを経て、「地獄の黙示録」で本格デビューを果たします。

その戸田さんは、30歳過ぎまで外国人と会話することはもってのほか、英語で話すことすらしたことがなかったのだそう。読み書きは出来ても、話すのは不得意だったそうです。それでも来日した映画関係者の通訳ができたのは、映画に関する知識はあったからなんだって。

これは英語を話せるようになりたいと思っている人にとって、いいアドバイスですよね。英語を勉強するのではなくて、自分の好きなことを入り口にして、英語に触れる。すると好きなことだからもっと知りたいと思い、さらに英語に触れる。この好循環が起きれば、あとは自然に流れていくとおっしゃっていました。

他にも翻訳の難しいところや、日本の字幕文化について、ハリウッドスターについて、飾らぬ言葉でお話くださいました。本当にあっっっという間の90分、すごく楽しかったです。
[PR]
by serendip_love | 2013-06-01 15:28 | 翻訳・通訳

世界魚醤フォーラムの通訳

11月4日(金)と5日(土)にアルヴェで、「世界魚醤フォーラム」が開催されます。そこで、タイとアイスランドからの発表者の通訳をすることになっているんです!そろそろ緊張が高まってきました。初日は日本各地からの報告なので、2人に付き添ってささやき通訳をするだけなんですが、2日目はステージ上でマイクを持って逐次通訳です、うまくできるかしら?でもこうなったら、なるようにしかならないでしょう。頑張ります!
[PR]
by serendip_love | 2011-11-02 23:48 | 翻訳・通訳

翻訳力は調べる力

c0092751_16152699.jpg

アマゾンでオーダーした英辞郎が届きました。英辞郎は、英和・和訳データベースのCD-ROMで、パソコンで使える辞書です。例文が非常に多いので、翻訳する人だけではなく、英語学習者にも便利です。私はこれまで第三版を愛用していましたが、今回のは第五版。機能もパワーアップしていますが、何よりデータベースが増えているのがありたいですね。私の場合、製造関連の翻訳をすることが多いので、技術用語の訳がたくさん入っているととても助かります。

翻訳は、自然な英語にする力も求められますが、いい訳語を調べる方法を知っていることも大事だと思います。辞書、インターネット、専門書。内容によってメデイアを使い分けて、素早く一番ピッタリな訳語を見つけ出すこと。英辞郎は、本当によく使うツールです。

今年はもう少し翻訳に力を入れていきたいです!
[PR]
by serendip_love | 2011-01-17 16:01 | 翻訳・通訳

通訳者になる、という気持ち

c0092751_21523389.jpg

今学期も、小松達也先生の特別通訳レッスンを受けています。単位のためではなく、純粋に練習させてもらっているんです。先生のレッスンを受けるようになってから2年も経つのに、今でも付いていくのがやっとといった感じ。いつも喝を入れられています。先週のレッスンでも、同時通訳の練習で結構うまくいったかな、と思えるときがあったんですが、ブースから出てきた私に、「村上さんは、柔軟性に欠けている」、と一言。今週も、「村上さんは、無駄な言葉が多い」とのこと。レッスンの後はいつもへこむし、自信を無くしそうになるけれど、それが「もっと上手になりたい」という原動力に変わるんですよね。これは、小松先生の素敵な魅力です。

先日カレッジプラザで、社会人講座「通訳と英語」を受講してきました。講師はもちろん我が師匠、小松先生。そこでの先生の言葉が印象的だったんです。

「ちゃんとやれば、できるんです。不可能なことではないんです。」

通訳って、すごく難しそうなイメージがあるし、同時通訳は人間離れした技だとすら思えます。でも、できるようになるのだそうです。じゃあ何をすればいいのか、というお話は来週になるようですが、この言葉がすごく説得力があって、勇気をもらいました。一念発起して「通訳者になる」と心を決めたら、あとは自然とやるべきことが見えてくるのでしょうね。私に足りないのは、「通訳者になる」という強い気持ちなのだと、気づかされました。
[PR]
by serendip_love | 2010-11-04 22:21 | 翻訳・通訳

2010 国際シンポジウム、弱気な通訳

前の記事で、国際シンポジウムのことを宣伝したけれど、実は相当弱気になっている私。今月に入ってから、同時通訳者の小松先生の特別レッスンを受けてます。でも久々の通訳練習で、私かなり錆びちゃってました。まあ、もともと通訳が上手な訳でもないのだけれど。それなのに、早速国際シンポジウムで同時通訳をやるなんて!昨年のシンポジウムでも一度経験しているけれど、そのときは準備期間が結構あったからなあ。今回はまだ原稿をいただいていなくて、多分明日にはもらえると思うのですが。木曜日に本番前の練習をするから、実質1日しか準備期間がないんです!カノンのお世話をしながらだから、かなり大変だと思います。大丈夫かな・・・間に合うかな・・・うまく出来るかな・・・不安と焦りで、さすがに今回ばかりは弱気です。

でも、こんなに素晴らしい機会は滅多にないのですから、無理をしてでもなんとかしなくちゃ。何より、私が出かけている間のカノンのお世話を買って出てくれたママさんに感謝の気持ちを表すためにも、このチャンスをしっかりと享受して、未来につなげる一歩にしなくては。
[PR]
by serendip_love | 2010-10-13 00:23 | 翻訳・通訳

在宅翻訳のお仕事

c0092751_12262469.jpg

昨日、会社から貸与されていたセキュリティPCとPHSを返送しました。予定より一週間ほど長くなりましたが、今日から産休です。もともと在宅での翻訳業務だけなので、それほどボリュームがあるわけではないのですが、急ぎの対応なんかもあり平日はやっぱり仕事中心でした。その生活も一旦お休み。ちょっとした開放感を楽しんでいます。

翻訳は在宅でできるので、育児中のママにとってはとても都合のいいお仕事ですよね。私の場合、仕事の合間に家事や買い物をして、気分転換をしていました。ときどき勤め先の会社以外の翻訳も個人として受けていたので、いつもと違う翻訳スタイルがとても新鮮に感じます。個人(フリーランス)だと対価も大きいので、やりがいも全然違うし(笑)

少し落ち着いたら、またそんな生活に戻る予定です。今は出産・育児に心を集中させて、貴重な時間を過ごしたい、そんな風に思います。


上の写真は、AIUのあるシンポジウムのボランティアで「ささやき通訳」をしたときのもの。ブースには入らず、小さなマイクに向かって同時通訳をし、イヤホンとレシーバーを持っている人に内容を伝えます。通訳は一発勝負でかなり緊張するけれど、時間がくればパッと終わるので、翻訳とはまた違った達成感を味わえます。
[PR]
by serendip_love | 2010-04-28 12:28 | 翻訳・通訳

最寄りの訳

今日は出勤日。工程監査のため、イギリスからの来客があったのです。私はいつものように通訳を担当させてもらいました。体調に若干の不安がありましたが、緊張するとしっかりするもんですね。丸一日のスケジュールをなんとかこなしました。周りの方の理解もあったおかげですね。ありがたい。

海外からの来客対応も何度か経験があるし、普段から通訳の練習をしているせいか、結構落ち着いて通訳することができましたよ。正確に訳することはもちろんだけど、今日は要点をつかんで的確な言葉に置き換えることを意識してみました。もちろん毎回うまくいくわけではありません。他の方から訂正されたり補足説明されたりと、通訳としての顔が丸つぶれになるときもあります。でも、そんな経験からしか学べないことってありますよね。そうかあれはそういう風に表現するのか、次回はこんな風に言ってみよと、次への原動力になります。完璧を目指すんじゃなくて、今よりいいものを求める、そんな姿勢を持ち続けたいものです。通訳の世界では、「最寄りの駅」ではなく「最寄りの訳」と言います。要するに、自分が持っている力を最大限に出せるようにするということなんでしょう。

さて、明日も引き続き通訳対応です。今日よりすこしでも上を目指して!
[PR]
by serendip_love | 2009-11-16 22:45 | 翻訳・通訳

同時通訳の機会

今日は小松先生の通訳の授業に参加しました。この間の日曜日には、国技館でダライ・ラマの通訳をしてきたという小松先生!天井の高い会場ということと、ステージのセッティングの関係で、ダライ・ラマの言っていることがほとんど聞こえないという、小松先生の長い経験の中でも珍しいほどの悪環境だったようです。それにもかかわらず、会の途中で小松先生の座位置を変えてもらうなどして、なんとか無事に終わらせたそうです。同時通訳のパイオニアというだけではなく、いまだ現役のAランク通訳者です。

さらにニュースです。今月末にAIU主催で行われるフォーラムで、私たちにも同時通訳をする機会があるそう!もちろんすべてではないけれど、一人のスピーチを二人で手分けしてできるとのこと。責任重大です。さらに練習しなければと、気持ちをあらたにしたところです。体調をみながら、出来る限りのことをしてみます!
[PR]
by serendip_love | 2009-11-04 23:59 | 翻訳・通訳

秋田のものづくり、世界へ羽ばたけ!

幸運なことに、山本先生や某センターの方から紹介してもらい、秋田にあるものづくり企業の英語ホームページ作成に関わらせていただく機会をいただきました。今日が締切だったため、昨日はほとんど寝ていませんが・・・県立図書館にある工業・機械用語辞典や航空辞典を使って事前にリサーチをしていましたが、やはり英語に訳するというは難しいですね。仕事柄技術英語に慣れているとは言え、分野が異なると初めて目にする用語や概念につまづくこともしばしば。それでも、わかりやすく且つ正確な英文にするのは割と得意な方です。もともと私自身が技術系ではないから、一般の人が読んでもそれなりにわかるような文章にしようと心がけているのです。そして、どこを調べると知りたい情報を得られるのかということも、少しずつ分かってきました。

私のことはともかく、この企業は本当にものづくりに対して情熱を持っているなと、翻訳作業をしながら感心していました。「ものづくり」というと、ただ単に「製造=manufacturing」というわけではなく、お客様に価値を提供する製品の「開発=development」と「設計=design」も含んでいることを感じました。この企業は、この開発と設計に力を入れています。今までの固定概念にとらわれない発想で製品を開発し、最先端の技術で設計、そして製品実現の生産能力を有しています。最近よく目につく「工夫」とか「徹底」という言葉。この企業にまさに当てはまるなと感じます。もちろん、企業として生き残るために必要不可欠なことではありますが、それ以上に、ものづくりと顧客への愛情から来ているのかなと、思ったりして。

ある成長産業への本格参入に向け、着々と準備を進めています。今回関係者が海外へ視察に行くのに合わせて、英語ホームページを作成しているのです。政府関連からのサポートの厚さを見ても、この企業の可能性が目に見えるようです。今回、翻訳として関わらせていただいたことを、本当に光栄に思います。秋田のものづくり企業、世界へ羽ばたけ!秋田の一市民として、応援しています。
[PR]
by serendip_love | 2009-04-15 22:26 | 翻訳・通訳

翻訳という役割

昨年の末から、大事な方からご紹介いただき、翻訳のお仕事をさせていただいている。今日も打ち合わせで、担当の方に会ってきた。秋田のモノづくり企業をまとめているその機関には、大きな夢がある。その実現のお手伝いをさせていただけるだけで本当に光栄なこと。きっと、秋田は発展する。世界で発展する。今はそのための種まきの時期なのだと思う。

翻訳という仕事は、思っているよりもずっと地味で地道なもの。一つ一つの文章をただ外国語に直すのではなく、理解して自分の言葉に置き換えるという作業の繰り返し。多くの場合リサーチも必要だし、専門用語を一つ調べるのにものすごく時間がかかることもある。でも、ある時点から知識が増えてきたと感じるようになった。ある分野のことをずっと翻訳していると、なんとなく原稿に書かれていることをしっかりと理解できるようになる。技術的なことでも、内容がしっかり理にかなっているから、感心することもしばしば。そんな瞬間が、楽しい。

直接なにかを差し出すことはできないけれど、翻訳という役割を通して、秋田の活性化の一助になれればと思う。本当に、それができれば素晴らしいな。
[PR]
by serendip_love | 2009-01-05 18:56 | 翻訳・通訳
line

秋田から福井に引っ越しました。気持ち新たに、妻・母・女性、そしてビジネス翻訳家として「私らしく」成長していきたいな。


by serendip_love
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31