serendipity - live my life

serendip1.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

幸せを運ぶ人

c0092751_23384176.jpg

上野さんは、幸せを運ぶ人だな、と思う。私のママさんの誕生日に、何かささやかなことをして欲しいと頼むと、彼女のためにサプライズパーティーを企画してくれました。ママさんのお友だちのMIOさんに声をかけてくれて、ママさんがファンだというピアニストまで呼んで、素敵なパーティーになったみたい。上の写真が、そのときのものです。その場にいれなかったのは残念だけど、みんなの笑顔ですっかり共有した気分になるから不思議。

上野さんと村上の家族が仲良くしてくれるのは、本当にありがたいことです。普段から週一くらいのペースで一緒に食事をしたり温泉に行ったりしいているようで(最近はもっと頻繁のよう!)離れて暮らす私にとって、大きな安心感のもとです。私は幸せを運べているかな・・・
[PR]
by serendip_love | 2007-11-29 00:27 | 家族のこと

お寿司屋さんにて

c0092751_1045999.jpg

前記事の寿司レストランで撮影。前のコース(Service and Relationship Marketing)で同じグループになったメンバーと、打ち上げでした。左の2人が香港からの留学生、アミとケニスで、私のとなりがAIUのryoくんです。ちなみに、このグループで「ペニンシュラホテル」のリレーションシップマーケティングについて、アナリシス&ソリューションのペーパーとプレゼンをしました。大変だったけど、面白かったです。リサーチ自体も、そしてアジア人グループで作業したことも。そのことについてはまた後日。さてと、寝ないと!明日もプレゼンです。
[PR]
by serendip_love | 2007-11-27 10:16 | SU(ストックホルム大学)

SUSHI!!!

c0092751_17165739.jpg

スウェーデンでもお寿司はとっても人気!あちこちに「SUSHI BAR」や「SUSHI RESTAURANT」、「SUSHI BUFFET」があります。3軒ほど行きましたが、結構いけるのでびっくりです。そして、寿司ネタもだいたい同じような感じかな。とにかくサーモンは絶対!そしてアボカド、おいなりさんもよく見かけます。でも上のレストランでは、いくらや穴子、いかにほたてまでありました。ここで天ぷらも食べましたが、とっても美味しかったです。きゅうりの天ぷらが入っていたのには驚いたけど・・・

場所は、ストックホルム中央駅のすぐ前の通り「Vasagatan」沿い、ノルディックシーホテルのとなりと、便利なところにあります。
[PR]
by serendip_love | 2007-11-26 17:23 | 食べもの

NOWHERE

横山武知さんの「ジェームススキナー365日語録」で、素敵なセオリーが紹介されていましたよ。

幸せ・成功の原理 NO WHERE があります
さあ、どういう意味でしょうか?
はい、そうです。幸せ、成功はどこにもないのです。
どこかなにか将来に達成するものじゃないんです。
では、さっきの英語をずらしてみます。
NOW HERE
幸せ・成功は、今、ここにあるんです。

「自分がこうだったら、もっとうまくできるのに」とか「あの人がもっとこうだったら、幸せになれるのに」とか、思っちゃうことってあります。幸せは外から来るものじゃなくて、内から湧いて来るものだと、言葉では分かっていても、なかなか実践できていないなと反省ばかりの村上です。そんなときに目にした、幸せ・成功の原理 NO WHERE は、もう一度「自分はすでに成功しているんだ」「私は世界一幸せなんだ」と信じることから始めよう、と思い出させてくれました。皆さんの心にも響けばいいなと思い、紹介しました♪
[PR]
by serendip_love | 2007-11-22 07:38 | 村上センス

Tamo-san

Tamo-san, Saiko!!!
Japanese Beatbox (External link to YouTube)
[PR]
by serendip_love | 2007-11-16 23:46 | 村上センス

Do you speak English?

c0092751_23512744.jpg

日本で外国人を見かけると、「英語で話さなきゃ」とか「きっとあの人は日本語を話さないだろう」と無意識に思っちゃいませんか?私も前まではそうでした。ところが、スウェーデンではちょっと事情が違います。スウェーデン人は、相手がどう見てもスウェーデン人じゃなくても(私みたいに)最初は必ずスウェーデン語で話しかけてきます。それで私が英語で返答したり、わかりませんみたいな顔をすると、「Oh, you speak English?」と言ってすぐに英語に切り替えてくれます。「スウェーデン語を話さないのね」なんて言われたことがないです。ときにはスウェーデン語で話しかけたことを謝る人や、さらには、流暢な日本語に切り替える人まで!

スウェーデン人は、自分の国の言葉に対して謙虚なんだな、と思う。日本語は難しく洗練された言葉だと信じることは何も悪いことじゃないけれど、だからといって多くの外国人は日本語を話さないという先入観をもつことは、逆に傲慢なのかもしれない。見習わなきゃな。


上の写真は、ユールゴーデンから撮影した湖沿いのストックホルムの街並。7月上旬だったので、太陽があんなに高いところにあります。今は・・・こんなに高く昇りません。短い弧を描いてあっという間に日暮れ。今日は午後1時に夕焼けを見ました(笑)
[PR]
by serendip_love | 2007-11-15 23:47 | 村上センス in Sweden

焦点

現代経営学の父で、95歳になるまで教壇に立っていたという、今は亡きピーター・ドラッカーの言葉より

多くのマネジャーは、自分のほとんどの時間を昨日の問題を解決することに費やしている。

しかし本当のリーダーというものは、明日の将来を作り出すことに専念している。

胸にぐさっと来ました。分かっているはずなのにそれを行動に移せていないな、反省。自分のリーダーは自分なのだから、自分の焦点をプラスに向けないと。


ドラッカーの言葉は、横山武知さんの「ジェームススキナー365日語録」から引用しました。
[PR]
by serendip_love | 2007-11-14 08:22 | 村上センス

ビジネス倫理

c0092751_7244787.jpg

久々に大学のことについて。Back to the Schoolを始動させたので、もっと本業について書かねばと思いまして(笑)

今履修しているのは「Business Ethics with Emphasis on Accounting」ビジネス倫理です。先週始まったばかりで、今はセオリーを勉強しているところ。AIUで哲学を履修したことがあって、そのときに勉強したことや哲学者の名前がたくさん出てきて、面白いです。学習は、「つながる」瞬間が楽しいですよね。

今日は、今週末にあるグループ発表の準備のために、メンバーと話し合って、ペーパーを仕上げました。メンバーの1人が3時間遅刻!というハプニングもありましたが・・・

コースの後半には、アメリカで一大スキャンダルになったエンロン社のケーススタディーがあります。エンロン社の事件については、AIUで履修した会計の授業で、映画「エンロン」を見てディスカッションをしたりしてある程度の知識があるので、とても楽しみです。こちらは、メインの教科書とは別に、Arthur Andersen(エンロン社の監査法人、エンロンの損失隠しのため粉飾決算に加担)についての本を使用します。

何より、NOVAの一件があったばかりですからね。ことの一部始終を内側から見ることができたので、ある意味興味深かったし、勉強にもなりました。なので、このビジネス倫理の授業、本当に楽しみにしていたんです。机上の空論だけではなくて、実生活につながるような勉強ができればいいな、と思います。

実はこのコースが、ストックホルム大学での最後の教科、さらにグローバル・ビジネス課程での最後の教科なんです。つまり、この単位が取れれば、あとは卒業するだけということ。いやー、4年間、やってきたんだな〜、としみじみしてしまいます。26歳で入学して、英語漬けの1年目。専攻をビジネスに変更して経済学の勉強を始めた2年目。浮気ばかりしていた(ビジネス専攻なのに、哲学やら言語学やら、人文系の授業を楽しんでいました♪)3年目、そして4年目はスウェーデンのビジネススクールで、ディスカッション・グループ作業の毎日・・・来年は30歳になります。ずっと楽しみにしていた年齢。あのとき描いていた通りの30歳になっているかな。それとも、それ以上になっているかな。


上の写真は、ノルテリエの川沿いにある散歩道で見つけた銅像。誰のかはわかりませんが、銅像になるくらいですからね、何か偉いことをした人なんでしょう。それなのに、いたずらが・・・道徳は忘れちゃいかんですよ!
[PR]
by serendip_love | 2007-11-13 09:30 | ビジネス・起業

かぼちゃのペペロンチーノ

c0092751_793093.jpg

かぼちゃの美味しい季節ですね〜♪なんとスウェーデンでも、日本の品種が手に入るんです!(同僚のtomomiさんのお手柄です)これは本当にありがたいです。村上家ではふかしたり、ポタージュにしたりして食卓を飾っていますが、時々こんな食べ方もしてみます。その名も「かぼちゃのペペロンチーノ」簡単で濃い味好みにはたまらない一品です、是非試してみて下さい!


☆作り方☆
1)カボチャは1/4にカットして、種とわたを取る
2)皮が付いたまま薄切りにする
3)フライパンにオリーブオイルをたっぷり入れて、芯を取り除いて薄切りにしたニンニク2片を投入
4)カボチャを入れて、強火でざっと炒める
5)ベーコンがあれば、細かく切ってカボチャと一緒に炒める
6)仕上げに塩・黒こしょう・チリペッパーをお好みで
7)あつあつほくほくを召し上がれ♪
[PR]
by serendip_love | 2007-11-13 07:18 | 食べもの

スノーボール

c0092751_091018.jpg

今日はとっても簡単で超美味しいクッキーの作り方を紹介しまーす♪実はこれ、実家のママさんがよく作ってくれたものなんです。スウェーデンのお菓子も美味しいけれど、なんだか無性にスノーボールが食べたくなって、レシピをお取り寄せ。それから何度作ったことか(笑)これは本当におすすめです!


☆材料☆
無塩バターまたはケーキ用マーガリン 225g
粉砂糖 70g(飾り用にも適宜、分量外)
小麦粉 300g
くるみ 70〜100g


☆作り方☆
1)バターまたはマーガリンを室温において充分柔らかくしてから泡だて器でよく混ぜ、空気をたっぷり含ませる
2)粉砂糖も加えながらさらに良く混ぜる
3)ふるった小麦粉を3~4回に分けて木べら(ゴムベら)でまぜる
4)ローストしたくるみを細かく刻んで、生地に混ぜる
5)生地をラップにくるみ、冷蔵庫で20分休ませる
6)直径が100円玉くらいになる分量をスプーンですくって、手のひらの中でころころ転がして、丸くする(生地半分で30ヶくらいできる)
7)オーブンシートを敷いた天板に丸くした生地を間を十分空けて並べ、200度のオーブンで約10分焼く
8)冷めたら、茶こしで飾り用の粉砂糖を振りかけて出来上がり!


☆ポイント☆
くるみは天板におき、150℃のオーブンで5〜10分ローストすると、さらに美味しいです。または、生地に混ぜないで、生地を一個一個丸めてから上に大きめのクルミをぽこっと置いて焼いてもGood!

一番のポイントは焼き加減。温度が低いとカリッとしないし、時間が長いと焦げ気味でかたくなるので注意!初回焼くときは十分にオーブンを温めてから焼くこと。2回目からは1回目よりは1~2分時間を短めに焼くといいでしょう。


ちなみに、今もスノーボールを作りながら、この記事を作成しています♪
[PR]
by serendip_love | 2007-11-12 00:38 | 食べもの
line

秋田から福井に引っ越しました。気持ち新たに、妻・母・女性、そしてビジネス翻訳家として「私らしく」成長していきたいな。


by serendip_love
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30