serendipity - live my life

serendip1.exblog.jp ブログトップ

今年の予算

家計簿をしっかりつけて、良い家庭経済を築ければいいですよね。これまではずっと、自分でエクセルで作った家計簿を使っていました。費目を細かく分けることで、適用を記入せず金額だけの入力でいいようにしていたので、とても楽。もちろん計算も自動だから、手元現金も銀行残高もいつもぴったり!だけど、やりっぱなしになって、家計を分析するまでにいたっていませんでした。

2011年こそ気合いを入れて家計簿をつけたい!そう思っていた昨年11月、秋田友の会の「家事家計講習会」に参加して、家計簿のつけ方を学びました。しっかりとした予算をたてて、費目ごとにその予算から差し引いていくという考え方にすごく共感したので、影響を受けやすいわたしは「これだ!」となったわけです。食費は副食、主食、調味料に分けられ、その金額も家族の必要な栄養を計算してだすというこだわりよう。最初はちょっと面食らいましたが、練習帳を使って実際に羽仁もと子案の家計簿を1ヶ月つけてみたら、意外と楽しい。私はもともとこういう細かい作業が好きだったことを忘れていました。というわけで、今年からは「アナログ」でいこうと思います。

今日は、昨年分の決算をして、それをもとに今年の予算をたててみました。昨年実際に使った費目ごとの合計金額から月平均を計算して、家族が増えた分や今年特有の予定を踏まえて、今年の予算として修正しました。今年はアメリカに一度行く予定だし、車検もある。新しい本棚も欲しいし、なんて考えていくと、あっという間に収入と支出の金額がぴったりに。そうか、こうして手間をかけることで、無駄をなくして、必要なものや欲しいものがどれくらい手に入れることができるのか、一目瞭然になります。あとは日々この予算に沿って続けていけば、貯金もできるはず。うちは一家の大黒柱が非常勤なので収入が安定していません。毎月「今月はなんとか乗り切った」という感じなので、こうして予算をたてることができて、なんだか安心しました。

世の中なんでもデジタルになって、便利と言えばそうだけど、アナログの方がいいときもある。それは人それぞれだけど、時間をとって考える必要があることは、こうして手で書くこともいいな。結構デジタルには強い私ですが、アナログも大切にしていきたい。そう思った、今年の予算。1年間、しっかり続けられますように。
[PR]
by serendip_love | 2011-01-08 23:59 | 村上センス
line

秋田から福井に引っ越しました。気持ち新たに、妻・母・女性、そしてビジネス翻訳家として「私らしく」成長していきたいな。


by serendip_love
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30